医学部受験にかかる費用

医学部予備校の情報が満載!

医学部予備校の授業料

医学部予備校の授業料 医学部予備校とは、国公立や私立大学の医学部入試に特化した予備校のことをいいます。
一般的に授業料は、生徒の偏差値やレベルに応じて分けられています。
都内と地方の差や予備校ごとの違いはありますが、選抜クラスでは、年間150万円前後が相場となっています。
一般の私立大学の学費とほぼ同額ですので、予備校にしてはかなり高額です。
そして一般クラスでは、より高額になります。
こちらも、地域や予備校によりますが、最低でも年間300万円前後はかかります。
選抜クラス・一般クラスとも、高額になっていますが、これは少人数制や個別指導の医学部予備校が多いためです。
講師1人あたりに対する負担が大きく、講師もプロ講師であるため人件費がかかります。
さらにスタッフによる学習管理などのサポートも行っているので、授業料は高くなってしまいます。
しかし、学費の一部免除や割引が受けられる特待生クラスを設置している予備校もあり、実力が高いほど安くなる傾向にあるといえます。

国公立大学と私立大学の医学部の入学金について

国公立大学と私立大学の医学部の入学金について 医学部は国公立大学にも私立大学にもありますが、いずれにせよ入学する際には入学金を支払う必要があります。
私立大学の方が高いのは当然ですが、最近は学費を含め下がっている傾向にあります。
まず国公立大学ですが、こちらは国や自治体の補助で運営されているので、どこでも一律の値段となっており、28万2000円となっています。
ちなみに年間の授業料は53万5800円で、6年間通い続けると合計約350万円ほどになります。
これに比べて私立大学は高額となっており、6年間の支払合計は2000万円代から5000万円代となっています。
大学によってかなりの差がありますが、初年度に払う費用は入学金を含め300万円代から500万円代が一般的です。
費用だけ見ると国公立大学の方が圧倒的に安く、人気が集中してしまいますが、かえって倍率が高くなる可能性もあります。
先ほど少し述べたように、私立大学の医学部ではここ5年間で費用を安くする大学もかなり増えました。
また奨学金制度や特待制度を利用することも出来るので、費用だけにとらわれず、チャレンジされることをおすすめします。