医学部受験にかかる費用

予備校の奨学金

予備校の奨学金

予備校の奨学金 医学部予備校を通うために奨学金を利用できることはほとんどありませんが、中には予備校独自のシステムで利用できることがあります。
条件は予備校によって違いますが、試験に合格するなどがあります。
医学部を志望している人は予備校へ行く場合も多く、合格後も医学部の学費は高いため、こういった制度があるところは通いやすいです。
また奨学金制度はありませんが、特待生制度があるところは多いです。
条件はさまざまですが、特待生になると授業料を大幅に抑えられます。
半額以上が免除になるため経済的負担を減らせます。
特待生に選ばれると通常の医学部コースではなく、選抜コースになるなど勉強においても有利になる場合があります。
条件はその予備校が実施するテストに合格したり、前年度の入試で一次試験まで合格するなどです。
選抜試験は通常は2月から3月に行われます。
不合格になった場合は他の予備校にチャレンジすると、同じ時期なので練習にもなります。

医学部に合格した親戚に贈る祝い金はいくら?

医学部に合格した親戚に贈る祝い金はいくら? 医学部に親戚などが合格をしたら、何かお祝いを贈りたくなるかと思います。
大学の祝い金の金額に関しては、特別に何か決まりがあるわけではありません。
一般的には親族に贈ることが多いようですが、本人との親しさなどによっても金額は変わってきます。
一般的な祝い金の相場としては、孫なら3万円~10万円、甥や姪の場合は1万円~3万円が多いと言われています。
また、友人や知人の子供なら5千円~1万円といったところが相場と考えても良いでしょう。
親族間で金額を一律にしていると言う方もいますので、家族で話し合ったり身内で金額の確認をしてみても良いでしょう。
お金で贈るのも良いですが、医学部の学生に喜ばれるように図書券やギフト券などを贈ってみるのもおすすめです。
あまりに大金を包んでしまうと、親の負担となることもあります。
新生活を始めるにあたって、一人暮らしを始める場合は、家電など本人の欲しいものを贈るのもとても喜ばれます。